言いたい事なんて何ひとつ言いたい

日常の思った事をダダ漏れ書き。

扉を叩き割れ。

私が高校生の時にバンドをやっていた話。


ベースの子の収録も終わり、私は父親に話すタイミングを伺ってた。

ラチがあかぬ、と、思い切って父親に切り出した。

うちは、晩御飯の時間が、家族で話をする時間になっていた。

父親がいただきますと言ったら、食事の時間。父親より先に食べ始める事は、よっぽどの事がない限り無かった。

「パパ?」

「なんだ。」

「あのさ、テレビに出て貰いたいんだけど」

「嫌だ」


終了した。


プロデューサーにその旨を話したら、

益々楽しくなってしまったプロデューサーは、最初うちの母と話し、

海原雄山レベルに恐ろしい、うちの父親のご対談となった。


なんて言ったかはちゃんと聞かなかったが、

父親がテレビ出演にオッケーしたと、

プロデューサーと母親から聞いた。


些か拍子抜けしたが、

とりあえず良かったなぁ。と思った。


撮影まえ、父親

「お前、バンドやってるのか?」

と、聞かれ

「やってる、、、、、」

と正直に言ったら、 

別に何も言ってきたりはしなかった。




長い。

一旦〆。






おわり。

手離しで喜べやしない。

もう、仕事がキツくて、

日記を書く暇や、気力がわかないー。




まあ、頑張って、更新。




おわり。


月見とたぬき。

実は

足というか、股関節というか、なんと言うか

痛みがひどくなり、

歩行困難になってしまいましたよ。


座薬入れて、頑張る。


通勤に時間かかるから

途中で痛くて動けなくなったら、ピンチだなぁ。


ま、きばるわ。




おわり。

ちりぢりになってしまう。

一応、未だに

連投を目標としているワタクシですが、

何故か連投できません。


なんでか。



ま、本当に連投目的だので

続けますよ。

連投するぞ!




おわり。

食べずに嫌う。

高校生の時バンドをやっていた話。


確か、その日のイベントは、

なんとなーく女子がメンバーのバンドを集めた感じだったと思う。

周期的に、イベントとしてでは無く、

ブッキングなんだけど、そういう日が良くあったりした。

その後、女の子バンドだけのオムニバスCDが発売されるのだが、そのCD参加にもお声をかけて頂けたのだが、色々あってお断りした。


ライブの出来とかは、全くもって覚えてない。

私がよく行っていたバンドのお客さんとか、ライブで仲良くなった人とか、

あとは仲良くしてたバンドの人なんかが、観に来ていたと思われる。

ライブハウス以外では、友達いなかったし、

音楽関連以外の人間に、興味をもてなかったし、

と、いうか、本当の意味での友人。っていうのが、私にはイマイチ理解出来ていなかった。

最初は感じ悪く、話しかけても来なかった人が、どこそこのバンドのメンバーと仲良しなのを知るや否や、親しげに話しかけてきたり、仲良くしてて、普通に遊びにも行ったりしてたバンドの人が、有名になるにつれて、態度が悪くなり、お高くとまったり、とか、そんなんばっかりだったから。


その記念すべき第1回目のライブの時に、

何故か、テレビのプロデューサーが来ていたらしく、うちのベースが声をかけられたらしい。めっちゃ可愛い子だったから。

で、「なんか、バンドでテレビに出ないか?みたいに言われたんだけど、恵奈も来る?」って言われて、

行っていいなら行くけど。

って、ついて行った。

都内の普通のマンションの一室に通されて、

名刺を渡されて、プロデューサー2人と、うちのベースが話しているのを、ボケーっと聞いていた。

「で、君は?ボーカルでしょ?なんで話に加わらないの?」

なんだ?こいつ?って思いながら、

「櫻(ベースの子の芸名)と話盛り上がってるから、こうやって、お耳で聞いてたんですよー。」

と、手を耳に開いて添えて、首を傾けながら感じ悪く言った。

その感じの悪さが気にいったらしく、

話を私にふってきたので、

父親が、凄く厳格で、ライブに行ってたとバレた日にゃあ、血みどろになる。とか、

自分のバンドでの夢。とか、

楽器がなにも出来ない。とか、

このバンドが結成された行きさつ。

なんかを話したら、

やはり、何故かとても気に入られて、

私の父親まで、テレビに出演して欲しいと言い出した。

いやー、、、無理ですよ、、、

第一、バンド活動禁止されてるんですよ?

って言っても、プロデューサーは引かない。

俺が説得するから、先に恵奈ちゃんがお父さんに話をしておいてくれ。と。

だから、その、話をする。って行為だけでも、恐怖でしかないんだってば、、、。

言っても、引いてくれず、

とりあえず、先にベースの子の撮影から入る事になった。

ベースの子は、結局、私中心に話がいってしまったのが面白くなかったらしく、

軽く仕返しをしてきたのだが、その話はまたの機会に。


長い、、、。

一旦〆。

  


おわり。

そうだったんだね。

高校1年生、いっつも高円寺の20000ボルトの階段のトコにいた。ライブを観る時もあったし、観ない時もあったし、なんで高円寺の20000ボルトに居たんだか、今になったらあんま覚えてない。店長の名前も、なんか思い出せない。菅原さん?だったっけかな?アンチの店長は、当時、松下さんだった。

20000ボルトの階段のトコが異様に好きだったんです。

んで、バンドをやりたいから、バンド名だけ初めに考えて、20000ボルトの壁1面に、自分で描いたチラシを貼り付けていく作業を、毎日していた。1面、自分のバンドのチラシを貼り付けていた。他のバンドが、チラシを貼ったら、また、その上から自分でチラシを貼った。しかもライブ日程とかのチラシじゃ無いの。だって、メンバー居ないから。

次第に、私が貼ってある1面には、誰もチラシを貼らなくなった。しかも、毎日絵を変えて貼ってた。

そん時かな?ライブを入れられちゃってたの。

いついつ、ライブ入れたからー、って店長に言われて、え!!メンバー、私以外いないですよ!?言ったら、じゃあ、なんとかしてメンバー入れてねー、ってゆる〜く言われた。んな、御無体な、、、って思ってたけど、何故かちゃきちゃきメンバーが決まり、しかも、20000ボルトの店長が、ライブを入れた前に、何故かアンチの方に先にライブが入っていた。

まあ、あんま、気にしなかったんだけど。

んで、曲作って、練習して、ライブもまだやってないのに、ギグスっていう音楽雑誌の取材を受けて、

そうなんです。メンバー決まってから、曲を作りだしたんです。ギターも弾けないのに。

バンドのコピーもやった事無く、いきなりオリジナル曲で初ライブ。という、今だと信じられないお話。

てか、若さゆえの怖い物知らずすぎた。

ライブ決まったのも、メンバーが居ない状態で、二ヶ月後とかだったんです。

まあ、私はボーカルだったのと、メンバーはみんな経験者だったんですけどもね。

長くなる。

一旦〆。

おわり。

切迫詰まってる。常に。

まあ、なんやかんや、日常は色々ある。

無い日々なんて無いよな。

そんな日常を

楽しむべく、毎日を送りたいものです。


新しい月が始まる。




おわり。