読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたい事なんて何ひとつ言いたい

日常の思った事をダダ漏れ書き。

陽は昇り落ち、暗闇も光りも連れ去ったりする。

繋がる。

と、いうお話。


最初、人間ってのは、「1個」

だと、思っている。

属さない。属せない。まだ、赤ん坊だから。

喋れないし、自分の意思を伝えられないし。

泣く事だけが、意思を伝える手段。


その意思だって、勝手に想像するのは、

赤ん坊を育てる人。

おっぱいかな?おしめかな?暑いのかな?寒いのかな?痛いのかな?

赤ん坊の方は、本当はおしめが気持ち悪かったかも知れないのに、目の前におっぱいが差し出され、丁度小腹も空いてたし、どれ、吸っとくか。

かも知れないの。


それが、自分で動けるようになり、言葉もでるようになり、

コミニュケーションを取れるようになって、

分かって貰えるし、分かるようになる。


でも、それだって、思春期とかになりゃ

何がこっぱずかしいんだか、

自分の意思を伝えるのが、中々難しくなったり、「どうせ、自分の事なんか、誰も分かってくれない。」

って、世界の中心にただ1人ぼっち。みたいな詩を、ココロの中で朗読したりする。


でも、それがいずれ、

恥ずかしい事が少なくなり、自分の思っている事を外に出す事が難易では無くなっていき、

もっと人と関わっていく。


繋がる。


沢山の人と繋がる必要も無いが、

沢山の人と繋がったって良い。


ちゃんと、人と繋がれないのなら、

まだ自分は赤ん坊だと思ってもいい。

でも、赤ん坊は、1人では生きていけないから。

人と繋がれないまま生きていくのであれば、

赤ん坊のままだと容易では無い、という事になる。


繋がる。

大事。


最近、本当に、

繋がる事の大事さが分かる。



書きたかった内容と、実はエラくズレてしまったが。

まあ、良いでしょう。



ありがとう。



おわり。