読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたい事なんて何ひとつ言いたい

日常の思った事をダダ漏れ書き。

凛々と魚が鈴を鳴らす。

私はビートルズを正直なんとも思ってない。

凄い好きとか無い。

何故なら、幼少の頃から、ビートルズを聴いていたからだ。

童謡よりも、アニメの曲よりも、1番耳に覚えているのはビートルズだった。

父がビートルズが大好きだった。

因みに母は、ローリングストーンズとジャズが好きで、

だからという訳では無いが、ローリングストーンズとジャズは聴かないで今に至る。

だが、小学生の時に心を撃ち抜かれたのは、ストリートスライダース。

やはり、そっちの音楽に血が踊る家系。


ビートルズだの、内藤やすこだの、小林克也だのエコーズだの、宇崎竜童などを聴いて育ってきたので

なんせ、学校で話が合わない。

みんなの歌謡曲のアイドルの話についていけない。しかも、そういう歌謡曲を、全く良いと思えなく、本当に悩んだ。


かといって、自分の好みで聴き出した音楽も、父親が、「こんなもの、音楽じゃない!!」とディスるので、その、自分の好きな音楽さえも、自信が全く無く、

人に「こんな音楽が好き。」と、話したことは無く、話したとて、そのバンドを私の周りは誰も知らず、超孤独に、自分の好きな音楽を聴いていた。


高校生になって、ライブに行きだして、色んなジャンルも聴いて、

でも私は雑食かつマイナーな音楽ばかりを聴いて、プロの楽曲をあまり聴こうとしなかった。

それは、ビートルズに対する反抗でもあった。とか、父親にかな?

でも、ビートルズの歌は、ほぼほぼ全部歌えるんだよな。


もうちょい大人になって、どれいっちょスタンダードな音楽も聴くかい。

と、アメリカのポップスなどを聴いて、またカルチャーショックを受けたり、まあ、

音楽はプロもアマも関係無く、良い音楽は全て良い。と、益々音楽が大好きになった。


2回目のバンドをやってみたり、そのバンドも色々あって、辞める時に

自分の意思で、もうどっぷり音楽中心の生活をやめる。と、宣言した時に、

父親が、「そんなにきっぱりやめなくても、少しは続ければいいんじゃないのか?」

と、音楽を切る事を引き止めた。

私は凄いびっくりした。

小学生の時からバンドをやってみたくて、でもどうやってやって良いかわからなくて、でも、バンドをやる!って父親に話した時に、絶対ダメだ!と言われ、その後ライブハウスに行く事を禁止され、それでもバンドをやったりライブに行ったりしていた私を、事ある如くゲンコツでぶっとばし、胸ぐらを掴み、

「ロクデナシになるぞ!!」と言い続けた父親が、

まさか、そうやって、私を引き止めるとは思わなかった。

私は、今までやっていた事は、私の中である程度の決意があってやってきた事だから、100か0しか無い。だから続ける事は出来ない。100でやったとて、100でやる必要が虚しくなった。やる意味も見えなくなった。

と、父親に言った。

その時、父親は心臓の手術をしていた。

100でやる意味が見えなくなった音楽をやめて、100をこれからの家族に使うと、普通に思えた。

あ、そんな大した音楽はしてないです。

趣味の集まり程度。

ただ、趣味でやるにしたって、私は本気だった。音楽をやめるってのは、音楽関連を一切断つ、という意味があった。


心臓の手術のあと、父親の癌が見つかり、手術を2回して、

でも、身体中に転移していて

父親は亡くなった。


葬式後、父親のいとこが

譲ちゃん(父親の名前)ビートルズが好きでね、ビートルズのこの曲が大好きだったのよ

って泣きながらビートルズのCDを私にくれた。

父親が好きだという、その曲を車の運転中聴いてみた。

その曲は、なんともひねくれた構想で、ビートルズなんだけどビートルズっぽくなく、とてつもないロックで、「えー!パパ、これが好きだったの!!」ってビックリして、

もう涙が止まらなくなってしまった。


母親にそれを話すと、

なんであいつは、あんなキッパリ音楽をやめるんだ?あんなに反対しても反対しても、音楽だけは続けてたのに。

と、凄い残念がっていたらしい。

貴方の為に、音楽を絶ったみたいよ?

と、伝えると、もうあとは黙ってしまったみたい。



私が、また、なんで、ライブに行きだしたり、ドラムのレッスンをやりはじめたかは、

また書こう。



その、父親が好きだった曲、曲名がわからない。

聴けばわかるだろうけど。



好きなバンドの曲名って、好きな程、わからなくないですか?

常に車か部屋で聴いてるから

曲名と照らし合わせる暇がない。



長く書いてしまった。

ありがとう。





おわり。