読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたい事なんて何ひとつ言いたい

日常の思った事をダダ漏れ書き。

んー。毎日慟哭が凄い。

死んでしまった人の事を書こうかな。


私は、父親にバレないように、ガツガツとライブに行き、

もう片っ端から、どんなジャンルでも行ってた。

あと、日曜日の原宿には、ホコ天があって、 そこでライブをしているバンドも観に行っていた。

ホコ天で仲良しになったバンドを観に行った時に対バンだったのがヒデロウだった。

ヒデロウとは、高校1年生の時に出会い、

多分、私が25、26歳までの付き合いとなる。

ヒデロウは、高校生の私なんかとも、ちゃんと向き合って、普通に付き合ってくれる不思議な大人だった。

ライブは勿論、ヒデロウが働いているライブハウスの受け付けのトコや、居酒屋、電車の中、吉祥寺のバウスシアター。

色んな所でヒデロウと話した。

シド&ナンシーもヒデロウと観に行った。

私がヒデロウのバンドの曲で、これしか好きじゃないけど、これは本当に大好き!!

って、私なりに曲を褒めたら、その曲は、ラモーズのカバーだったりした。

そのバンドが解散して、ヒデロウが新しいバンドを始めたから来なよ。って誘ってくれた。

サイコビリーのバンドだった。

そのバンドを組む前に、バックは全員女で、ボーカルは男1人のバンドやりたい。って私に話してくれていて、クランプスみたいな?って言ったら、頭をぐりぐりされて、恵奈はわかってるなー!!って嬉しそうにしていた。

新しいバンドは、とてもカッコ良かったと思う。

ヒデロウのバンドを観に来たお客さんとも友達になって、楽しくライブに行っていた。

ある日、私が、ライブ終わったあと、ステージに寄りかかってたら、ヒデロウがいきなり足払いをして、私はそのまま垂直に床にお尻を打ち付けた。あまりの痛さに私は息が出来なく、のたうち廻った。ヒデロウは悪い悪いと言いながらも、多少ニヤニヤしていたので、私は本当に切れて、そのままヒデロウに飛び蹴りを食らわし、ヒデロウに馬乗りになって、顔面を殴った。

私の拳が裂け、ヒデロウも顔から血を流した。

そのまま私は、テメーなんかと2度と会わないからな!!って叫び、家に帰った。

後日、ヒデロウがわざわざ家まで謝りにきた。

仲直りがてら、そのままドライブして、くだらない話を沢山した。

あの時、なんで私に声をかけてきたのか聞くと、暴れ方が尋常じゃないくらいに衝撃的だったから。と、あまり嬉しくない回答をもらった。

恵奈に男が出来たら、恵奈も変わっちゃうんだろーなー。と言うので

変わろうにも、ここまで男にモテないと、男と付き合う事も出来ないので、変わろうにも変われない。と、言うと、

ま、そうだね。 

と、なんのフォローもしてくれなかった。


長くなっちゃうな。

前編、一旦〆。




おわり。