読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたい事なんて何ひとつ言いたい

日常の思った事をダダ漏れ書き。

朝になれば、また夜に堕ちる。

死んでしまった人の話の続き。


そんなこんなで、私にも恋人が出来き、

しかも、その恋人は、私が女友達ともさえ、遊びに行ったり、飲みに行くのも禁じ、 

男友達も全て切らないと許してくれないタイプの人だった。

、、、今考えると、凄いな。

まあ、結婚して、息子が出来、家を買った直後に彼の浮気が発覚し、私の事はもう愛せないと言い、離婚しました。

、、、凄いな。やはり。


まあ、だので、ライブになんか行こうものなら、何ヶ月も口を聞いてくれないし、

だったら一緒に行こう。行けば、男友達が私をどう扱ってるか、わかるから。

と言っても、断固拒否された。

なぜ、私の周りの男子は、て、言っても父親と別れた旦那だけだが、私がライブに行くのを

これほどまで、嫌がるのか、、、。


携帯なんかなかった時代だし、

一回音信不通になると、本当に疎遠になる時代。

私はみるみるうちに、音楽関連の友達がいなくなった。

でも、ヒデロウだけは、マメに連絡してきてくれた。

ある日、

いつもはそんな事を言わないヒデロウが、 

この日のライブはどうしても来て欲しい。と連絡をくれ、えなの彼氏も見たいし連れておいで。って言ってくれたのに、

別れた旦那は、行かん。の一点張りで、

私も、そのヒデロウのライブに行かなかった。まあ、行けなかった。と言いたい。

その日を最後に、ヒデロウからの連絡が途絶えた。


その時は、別れた旦那に嫌われたくない一心で、これで良かったんだ。と思う事に無理やりした。

まあ、この、自分の気持ちや好きな事を、一切我慢し諦めた所為で、自分がトンデモ無い事になる事になる話は、また今度。

あとから、知った話だが、

この日のライブでメジャーになるかならないか、動員やライブの出来で決まる、大切な日だったらしい。

私は、そんな大事なライブに行けなくて、

いつも、どうせ来るなって言ったって、えなは来る。とまで言っていたヒデロウに

ライブにおいで。って誘ってくれたのに、それも行けなくて、軽く、色々考える事をやめた。

そして、音楽関連との、縁を完全に切った。


疲れた。

一旦ここで〆。



おわり。