読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたい事なんて何ひとつ言いたい

日常の思った事をダダ漏れ書き。

扉を叩き割れ。

私が高校生の時にバンドをやっていた話。


ベースの子の収録も終わり、私は父親に話すタイミングを伺ってた。

ラチがあかぬ、と、思い切って父親に切り出した。

うちは、晩御飯の時間が、家族で話をする時間になっていた。

父親がいただきますと言ったら、食事の時間。父親より先に食べ始める事は、よっぽどの事がない限り無かった。

「パパ?」

「なんだ。」

「あのさ、テレビに出て貰いたいんだけど」

「嫌だ」


終了した。


プロデューサーにその旨を話したら、

益々楽しくなってしまったプロデューサーは、最初うちの母と話し、

海原雄山レベルに恐ろしい、うちの父親のご対談となった。


なんて言ったかはちゃんと聞かなかったが、

父親がテレビ出演にオッケーしたと、

プロデューサーと母親から聞いた。


些か拍子抜けしたが、

とりあえず良かったなぁ。と思った。


撮影まえ、父親

「お前、バンドやってるのか?」

と、聞かれ

「やってる、、、、、」

と正直に言ったら、 

別に何も言ってきたりはしなかった。




長い。

一旦〆。






おわり。