言いたい事なんて何ひとつ言いたい

日常の思った事をダダ漏れ書き。

のんでんだらり。

お久しぶりです。

恵奈です。


間が空いてしまいましたが、前回の続き。 

給食のおばちゃんとはなんぞや?です。


薬はやめられなかったのだが、

薬を飲んでれば、ある程度は通常の生活が送れるので、割に気楽に考えていた。

まあ、徐々に減薬はしてったのだが、断薬までには程遠い状態だった。

そんな日々が続き、ある日、父親に癌が見つかった。

手術と抗ガン剤治療。

後からしったのだが、その時でかなり状態は悪かったみたい。

後に末期癌と診断された。


私は何故か、

今、この精神状態で抗うつ剤をやめられれば、後どんな困難な状態になっても、絶対心は折れない。逆に、今、この状態で抗うつ剤を抜かなけりゃ、一生、抗うつ剤を飲まなきゃいけない。と、なぜか荒療治にでてしまった。

10年近く飲んでいた抗うつ剤を、先生の指導のもと、飲むのをやめた。

もうね、断薬の苦しさったらね、

はかりしれないいずさなんだよね。

凄く苦しかった。

と、同時に、チェーンスモーカーだった私は、タバコもやめた。

これもね、タバコをやめるの、本当に苦しさしかなかった。

私は絶対、タバコはやめられない人間なんだろうなー。って思っていたから。

それでもなんでも、

父親が、癌になり、多分死ぬであろう。って現実の方が

私の精神にはきつかったのだと思う。


抗うつ剤も、完全に抜けて、

タバコの匂いが、臭い!って感じるようになった時、

父親を3度目の病院に送った。

それを最後に、父親は死んだ。


死んでしまった父親の体には

もう父親は入っていなく、

もう魂はここに入ってないのだから

ここにあるのはただの入れ物だ。

と、叫びたくなったが、我慢した。

言ってないつもりだったが、ただの入れ物だ。と、母親に言っていたらしく、母親は私の精神状態を凄く心配していたが、

元来私の人間性など、こんなものなので、気にしないでよいよ。とだけ伝えた。

死んだ父親の体には触れなかった。

ただ、ボー然と立ち尽くして泣くしかできなかった。


その日から、月経の出血が止まらなくなってしまった。

父親が死んだ後、私は色んな事がどうでも良くなり、

そんな異常な状態の自分の身体を、無視してしまった。

もう、どうでも良かった。

死にたいとは思わなかったが、

もう、本当に、色んな事が、

どうでも良かった。


あまり、色んな事を感じず、

必要最低限の熱量の感情と、最低生きていけるだけの行動しかしたくなかった。


ある日、握り拳くらいの血の塊が、出てきてしまい、異常なまでの出血に、母を呼びながら意識を失ってしまった。


そのまま緊急手術になった。


もともと、月経異常があって、それはそれで治療を続けていたのだが、

その、月経を軽くする薬を飲んでいたにもかかわらず、出血がヒドイのは、本当に異常事態で、命に関わる状態だったらしい。


子宮全摘出と、片方の卵巣卵管摘出の手術をした。


今まで受けたどの手術よりも、術後、キツかった。

お腹に2本のチューブがさされて中の溜まってはいけない体液を外に出す仕様にされていて、その体液は、ポシェットに入れられた容器に入るようになっていた。

3日間集中治療室に入れられ

4日目に、やっと、一般病室に移動になった。

それでも、高熱と、術後の痛みが半端なく、

ボタンを押すと、自動的に鎮痛剤が流れこめ仕様で、常に意識が朦朧としていた。


こんなに辛いのに、パパも死んじゃったのに、どうせみんな死ぬのに、

今、この瞬間、こんな辛さを我慢して生きていって、なんになるの?

って痛さで泣きながら考えていた。

そんなある日

1人の看護師の女の子が、話をふってきた。

「音楽は好きですか?」

って。



長い。

一旦〆。



おわり。




根っこは繋がっていたりして

暑い月になってきましたね。

皆さん、いかがお過ごしですか?

お久しぶりです。恵奈です。


今日は、給食のおばちゃんとはなんぞや?

って話を書きたいと思っております。


最近、私と仲良くなった方はご存知ないと思いますが、

ワタクシ、2年くらい前は、ライブ、フェス、全て、給食着で出向いておりましたの。

家から給食着で、帰ってくるまで給食着です。

何故にそんな事をやってたか話し出すと

めっちゃ前置きが長くなるから

今まさに、あ、なんかやっぱり書くのをやめようか。と思ってるくらい

長いし、割に重たい内容です。

んー

でも

ま、いっか。私の日記だし。


んーと。

どっからいこうかなぁ。


あ、そうだ。

自分のやりたいことを全部押し殺して、

やりたいことをやりたいことだと思わなくして、忘れたふりして、

今の状態が幸せだと無理やり思い込んで、

音楽を断ち切った状態で人間が生活していくと、どうなるか。

私の場合。

死ぬ事しか考えられなくなりました。

生きていく先に何も楽しみが湧かなくなりました。

なんの為に生きてるのかわからなくなりました。

はい。精神病になったんです。

診断は重度の鬱病

強制入院警告も、何回も出ました。

入院したら、それこそ終わりだ。と、重度の鬱病の頭は、そういう事しか考えられないんですよね。

脳が、楽に生きるって感覚を理解出来なくなってるから。

自分が鬱病である事を、許せないんですよ。


毎日ツライ。身体を、腕をあげるのも苦痛。ご飯も食べたくない。食べるともどしてしまう。

でも、無理やり仕事に行ってました。


死ぬ事しか考えてないから

通勤の車の運転は地獄だった。突っ込みたくなっちゃうから。 

何回も自分を壊したい衝動が抑えられず、

頭から壁に突っ込んで、部屋の壁に大きな穴を何個かこさえたり、(賃貸)

何かで身内と言い合いになり、なんもかんも嫌になり、カミソリで、腕を縦にざっくりと切ったり。

痛感は普通にあるので、その痛みを感じて、

ああ、自分は何やってるんだろ。って悲しくなって、また死にたくなる。

本当に、地獄のような日々だったです。


それでも、病気なので、治るので、

じっくり根気よく治療して、

だいぶ回復に向かっていきました。

後半は、薬は飲んでいたけど

別に死にたくならないし、第三者が私を見ても、様子がおかしいとは思わなかったと思います。



長いw

一旦〆。

塗りつぶしても良いのではないだろうか。

楽しい時間が終わって、

ただいま、非常に穏やかな気持ちである。


お久しぶりです。

恵奈です。

皆さま、如何お過ごしでしょうか?


最近は、

楽しい時間が終わってしまうと、

絶望的な気持ちになる事が、なぜか無くなりましてね。

次の楽しい時間へのワクワク感が半端ない。

みたいな感じなんでする。

これは、根暗な私には衝撃的な心情で、

ネガティヴシンキングらしくない、異常な

ポジティブシンキングなんです。

なんでだろ。この心情。


まあ、少しは理由がわかっておりますが、

まあ、まだ言わないでおきましょうかね。


こう、受け入れられた。って身体が精神が感じるだけで

なんでこう、パカーンと開くんでしょうかね。

全ての事が。

開けば開くほど、どんどん入ってくるんですよね。

凄い。これ。


あ、そうだ。

今度は給食のおばちゃんについて書こうかな。

まあ、連投目的だから

明日、給食のおばちゃんについて書こうかな。

保険。



さて、仕事に向かいます。




おわり。

人参が僕を。

いやー、書かなすぎにも程がある。

いっそ、書くのをやめてしまえ。

やめませんよ。

こんなんなったって、連投が目的ですから。

どうも。恵奈です。

決して多くはないですが、少なくはない、私の日記を読んで下さってる皆様。 

多分もう、僅かな方しかお残りではないでしょうが、

また、連投目指して頑張りたいと思うので、どうぞ、宜しくお願い致しまし。


近況としましては、

仕事状況が悪化しております。

精神的ストレスはだいぶへりましたが、勤務時間内で休憩が取れませぬ。 

朝の10時から、終電の時間まで

ぶっ通しで働いておりまする。体力的ストレスがマックスになると、精神にも異常をきたしてくるもので、

連勤15日目くらいになると、私の目の前を小さい小人が走り回り、

いろんな悪戯をしてきます。

嘘だよー。


まあ、永遠このままって事はないので

もっと仕事が慣れればなぁ。って思います。


話変わって、

最近特に、自分って自分自身のことってわからないんだよなぁ。って思う。

みんなわかるんだろうか。

自分ではわからないから、周りの自分に対する評価を頼りにするしかないところ、あると思う。

したらさ?自分を肯定する人達が周りにいてくれないと、

自分にケナす人達ばっかり周りにいると、

そういう、自分てくだらない人間だ。っていう

くだらない人間が出来てしまうのではないだろうか?

あるよね?きっと。


今更、みんなが褒めてくれても、

あんま信じられないのだよね。


自分を信じるって、凄い勇気がいるよな。

誰の所為にも出来ないからな。



とかを最近身をもって感じるのだ。



だなら、私は、愛する人達には

その人の良いところを沢山言おうと思う。

てか、言ってしまう。

愛してるから。自信を持って欲しいから。

悲しい思いをあまりして欲しくないから。



とかね。


脈絡無く、オチなし。

得意です。





おわり。

1人ぼっちの気持ちの夜に。

楽しい思い出を反芻して、

また毎日の生活をしていく。  


生活をしていくというのは

ツライ事なんだろうか。そんな訳は無い。


でも。

忘れたくないくらい、

楽しすぎて思い出せないくらい、

もう、この瞬間に息の根を止めて欲しいと願うくらい、

何故、今此処に、あの人が居ないんだろ、って、次の場所まで走りながら自然に涙が溢れてくるくらい、

全然知らない人達に、愛だけしか感じなかったり、

あの娘のファーストキスを奪ってしまったり、

凄く身体を痛めつけたり、神社の階段で寝っ転がって、毎日会ってるあの子に

木の葉まみれになってる私の頭の中のアリンコを取ってもらったり、

起きたら400円しかなかった私にご飯を奢ってくれたあの子と、もうこの楽しい時間の終わりを信じたくなくて、ゆっくりゆっくり話したり、

お別れはあっけなかったり、

そのまま仕事に行って、ああもう終わっちゃったと泣いたり、

みんな遠くに帰ってしまって、ひとりぼっちだと泣いたり、

本当に最後の、終電ギリだから

5分だけでも顔が見れればと、新宿の街を走ってあの子に会いに行ったり、

また会おうと、でも本当に会えるのかな?って常に不安になる感じがしたり、


あの人が大好きだったり、

あの人が大好きだったり、


青春は


これから始まるんだな


私は



ジャムフェス、ジャマフェス、

私に生きている実感を教えてくれて

本当にありがとうございました。





愛してる。



ありがとう。





おわり。

はーちゃんとひーちゃん。本当は、ひーちゃんとはーちゃん。

あの。本当に、 

読んで下さっている、方々、

ありがとうございます!

本当に、少なくはない方々が読んで下さってて、

なんか、もう、

ありがとうございます!!


はい。本当に、この日記は

連投が目的でございます!

毎日連投が目的でございます!!


連投出来てません。

自分で決めたのに、、、、。


でも、連投を頑張りたいです!!

はい。本当です。


今日は久しぶりに

お昼に食事をしてみました。

はい。もう何ヶ月かは、

朝以外は食事を摂らないようにしていました。

朝も、炭水化物は摂らないように、

あ、そこまでストイックではなく、たまに食欲が暴走して

エラい食べちゃって、3キロくらい

増えたりしますが、

まあ、次の日から、また節制致しまして、

リバウンド王にならないようにしております。


ライバルは、19歳の私です。



まあ、老化で劣化は致し方ないですが、


19歳の私に勝ちたいです。



あ、でも、あんまり

痩せたね!!

って、言われないのはなんでなんでしょうね?

デブのイメージが強いのでしょうかね?




ありがとう。





おわり。

ノー、ノー、ノー。

今日は、

お腹がばちぐそ空いたけど


ちゃんと、御飯食べるの 

我慢したよ

 ダメだ。眠い。

  おわり。